レシピ

乾物を生かす

関西の台風による水害、北海道の地震など自然災害が続き、改めて、もしもの時のことを考えるとともに、今年の異常気象について考えさせられます。

被害に合われた地域の復旧と、皆様の心身の回復を心よりお祈りいたします。

夏は日中30度を超すと、入道雲が現れて夕立がきて気温が下がる。猛暑日が続いても3日くらい、、

台風は沖縄のほうからやってくる

水害や猛暑になるであろうと言われていた九紫火星の年ですが、ここまでいろんな今までの常識が変わっていくとは思いませんでした。

災害でライフラインが途絶えた時にどうするか?

ベジな生活をしていると乾物や食材には困らないです。

たとえば切り干し大根などの干し野菜や干し茸、高野豆腐や車麩、大豆ミート、みんなそのまま食べることができます。

水はBlitaみたいな浄水機能のあるポットを常備しておくといいですね。

あるもので料理。冷蔵庫や常備食材を賢く使うノウハウさえ持っていれば日頃の食卓も豊かに、低コストでロスがなくエコな生活ができます。栄養バランスもばっちり。

今日は切り干し大根をつかって、ビタミン・ミネラル・カルシウム・鉄分・食物繊維もたっぷりなみんな大好きな焼きそば風にしました。

【材料】

切り干し大根 35g程度

糸こんにゃく 1袋

玉ねぎ、ピーマン、きゃべつ、パプリカ、しいたけなどなど冷蔵庫にある野菜

生姜 1かけ(千切り)

ソース

塩、胡椒

なたね油や米油などお好みの植物油

【作り方】

①野菜を食べやすいサイズに切っておく。切り干し大根は洗って5分ほど浸水しておく

②糸こんにゃくは水を切り、洗って塩をひとつまみいれたお湯で茹でて水切りする。(そのまま炒めても大丈夫ですが、これをすることでこんにゃくの臭いがとれます)

③フライパンを温め、油を敷いて生姜を入れ香りがでたら玉ねぎ、きのこを入れて軽く塩をふって炒め、残りの野菜も入れて炒める

④糸こんにゃく、水切りした切り干し大根も入れて炒める

⑤ソース、塩、こしょうで味を整える

⑥お皿に盛り、青のりと紅ショウガをのせる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です